【更新】桶川市民まつり 2019/10/27(日)

2019年10月27日(日)9:30 からの「桶川市民まつり」に、IKO桶川空手道会と合同でIKO国際空手道会東大宮支部及びドイツのリヒャルト師範が出席しました。
市民まつりでは、弓道の演舞が最初に行われ、終了後、それぞれの武道で場所を分かれました。IKOメンバーは、道場にて戻り稽古を行いました。その後、指導員、道場生の皆さんが瓦割に挑戦しました。

瓦割に使用した瓦は試割り用ではありません。「日本古来の本瓦」を使用してます。
この本瓦は、IKO桶川空手道会の森師範の屋根で使用していた実際に使用していたものです。非常に硬く割ることは難しいです。なぜなら、IKO桶川空手道会は、伝統で本瓦の試割りを行います。

そのため、IKO桶川空手道会の成人の男性、女性は割り、また子供も一生懸命頑張って割ろうする姿を見ると、「IKO桶川空手道会の本質」の姿に感銘しました。

一部の方の内容をアップいたします。

その後、子供から大人まで瓦割りを行いました。

‐ 瓦割1 - 

– 瓦割2 –

また、矢部師範も来られ、全員で記念撮影を行いました。

矢部師範を中心に、後方にリヒャルト師範、与那覇師範、森師範

矢部師範、リヒャルト師範、与那覇師範、森師範

来年も、子供たち、大人の皆さんが元気に集まり、合同で演舞等出来ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

段位・帯色について