沿革

剛柔流空手道 山口剛玄師範の道場より独立後、全日本空手道会として台東区上野駅前に道場を開設。
以来、千代田区の秋葉原駅前道場など各地で剛柔流空手道の普及を進め、海外においても、香港、台湾、シンガポール、オーストラリア、アメリカ、ポルトガル、イタリアなど世界各国で、IKO(International Karate-Do Organization)として、多数の指導員を育成。

2003年4月、東京都千代田区外神田にIKOの本部道場として、神田錬成館道場を新設。

東京神田界隈は、江戸の時代よりお玉ケ池の千葉周作道場や島田虎之助の練武館道場などが集まり、日本全国各藩から腕に覚えのある使い手が修練のためにやってくる尚武の地でした。

その錬成通りにあるのが、神田錬成館道場です。現在、IKO国際空手道会・全日本空手道会の総本部として、館長 山本権之兵衛の元、剛柔流空手道の普及を務めています。

理念

我々は、何よりも日本古来の武道精神を大切なものと考え、伝統的な作法に基づいた礼儀を尊重し、武道を通して人間性の修行を重ねることを目的としています。

日々の稽古による身体的・精神的鍛練はもちろん、現在の日本人が忘れかけている日本文化の伝統や精神、礼儀作法や生き方を空手道の稽古を通して、身に着けることにも重点があると考えています。